2016年9月14日

【図書館で「夏のおはなし会」を開催しました!】


館山市図書館では、8月25日(木)10時30分から「夏のおはなし会」を開催しました。夏休みの期間ということもあり、曜日を変えて、60分の拡大バージョンで盛りだくさんのプログラムでした。

子どもやその保護者約70人が集まり、図書館でおはなし会のボランティアを行っている「館山子どもの文化研究会」による語りや絵本の読み聞かせ、ブラックシアター、影絵、紙芝居などを楽しみました。

ブラックシアター「プレゼント」では、プレゼントの箱にみんなでおまじないをかけると、「おばけ」や「妖怪」、「なつのドリル」「かき氷」などが飛び出し、大喜び。最後に箱から出てきたのは、「スイカ?」「メロン?」と思いきや、夏の夜空に広がる花火のプレゼントに、歓声が上がっていました。

その他、紙芝居や絵本の読み聞かせや手袋人形などの盛りだくさんのプログラムで楽しみ、メインの影絵「モチモチの木」では、壁に映し出された映像と音楽に合わせて、読み聞かせが行われました。主人公の豆太が怖さを忘れ、冬空の下、おじいさんを助けるために、一生懸命に暗い夜道を走るシーンでは息をのみ、モチモチの木が輝く様子に、会場全体が引き込まれていました。

 

おはなし会の様子を少しだけ紹介します。













★夏のおはなし会のプログラム
1.おはなし「ブラックさんとブラウンさん」
2.紙芝居「ねずみきょう」
3.絵本読み聞かせ「あまいとうもろこしカタイトウモロコシ」
4.てあそび 「キャベツはきゃっきゃっきゃっ」
5.紙芝居「子そだてゆうれい」
6.ブラックシアター「プレゼント」
7.わらべうた 「もどろうもどろう」
8.影絵「モチモチの木」
9.手袋人形「カラスの親子」

次回のおはなし会は、

児童向け 9月24日(土)14:00~
幼児向け10月 7日(金)10:30~
を予定しています。

みなさん、どうぞご参加ください。

 

投稿・お問合せ

館山市図書館
 館山市北条1740
電話:0470-22-0701
E-mailtosyokan@city.tateyama.chiba.jp

 

2016年9月6日

【博物館・図書館の合同企画「なつやすみ宿題大作戦」を開催!】 


8/5(金)、8/19(金)午前10時から、「なつやすみ宿題大作戦~調べよう!たてやまのこと~」を開催しました。

博物館学芸員と図書館司書が、テーマ設定の方法や調べ方のコツを分かりやすく説明したあと、実際に館内見学等を行いました。
 
 
博物館内を見学する様子(8/5)
 

図書館編(8/19)では、渡邉館長が今回の講座を夏休みの宿題に役立ててください!と挨拶をし、図書館司書がテーマ設定後の図書館の調べ方を説明後、館内の見学を行いました。
 
▲渡邉館長のあいさつ
 
 
▲紙の本は「巻子」とよばれる巻物が一番最初の形です。
 
▲調べものの強い味方は百科事典。子ども向けのものもあります。
 
     
▲「OPAC」(資料の検索システム)が利用できると、興味のある
キーワードから、図書館にある資料が調べられます。
 
▲図書館の本は「日本十進分類法」という分け方で
仲間分けされ、棚に並べられています。
 
▲普段はなかなか見られない「閉架書庫」です。
図書館には、こんな古い資料もあります。
 



その後は、博物館の学芸員から、「観察の仕方」についての話を聞きました。

気になるものができたときに、これはどう使うのか、何でできているのか等、まずは、観察をすることが大切です。


▲この道具は、昔の人が使っていたものです。何をする道具でしょうか。
▲実際にさわらせてもらいました。見た目よりも、重たいです。
 
 
柄杓(ひしゃく)のような形をしていますが、中に熱い炭を入れて、底の部分を使いますというヒントをもらいました。

答えは、「火のし(アイロン)」でした!




次は、衣類を観察してみましょう。
 
▲これは、なんでしょう?

▲着物としては、袖が短く、動きやすくできています。
というヒントをもらいました。
 

これは、農作業をするときや戦時中に着ていた着物で、動きやすさが重視されています。

この着物の下には「もんぺ」というズボン形の着物を履きました。

 

今回の「なつやすみ宿題大作戦」を開催した博物館学芸員、図書館司書からは、自分で興味を持ったテーマが見つかったら、まずは観察してみましょう。そして、わからないことは、博物館で調べたり、図書館で資料を探してみましょうと話がありました。

 

参加いただいた皆さん、お疲れさまでした。



 

2016年8月26日

「沖ノ島探検隊PartⅡ ~シュノーケリング体験で海中探検&海の中を見てみよう~」が開催されました


館山市中央公民館講座「沖ノ島探検隊PartⅡ」が8月24日(水)に行われ、台風一過の青空の下、15名の参加者が夏の海を満喫しました。

講座は、NPO法人たてやま・海辺の鑑定団のメンバーを講師に迎え、参加者はシュノーケルなどの器具等の取り付け方の指導や海でのルールの説明を受けたのちに、シュノーケリング体験を楽しみました。

午後からは、会場を豊津ホールに移し、レポート発表会が行われ、子どもたちからは、「初めてのシュノーケリングだったが、上手く出来てうれしかった。」や「海の深いところまで色々見れた。」「海がきれいなので、汚さないようにしたい。」などの感想が発表されました。

講師を務めた、たてやま・海辺の鑑定団の竹内氏は、「このような体験活動を通じて、ちょっとずつ館山市の海をきれいにしていく気持ちを持ってくれればと思います。」と語っていました。

2016年8月17日

【図書館で「英語でたのしむおはなし会」を開催しました!】


 8/4(木)、企画課とのコラボ企画♪「英語でたのしむおはなし会」を、館山市図書館集会室で開催し、子ども26人、保護者17人の43人が参加しました。 


おはなし会では、日本と外国の絵本について、それぞれ日本語と英語の両方での読み聞かせを楽しみ、英語の歌をみんなで歌いました。みんなの人気者「ぐりとぐら」のお話も、英語で聴くと、とても新鮮!子どもたちの目は、とてもキラキラしていました。楽しい時間はあっという間に過ぎていき、おはなし会の最後は、日本でも有名な「きらきら星」を「Twinkle,  Twinkle,  Little  Star~♪」と英語で参加者みんなで声を合わせて歌いました。館山市図書館では、今後もおはなし会を企画しています。夏休みの思い出に、ぜひご参加ください!

 

<プログラム>

○英語のじゃんけん大会
○日本語の手遊び
○日本の絵本:「ぐりとぐら」
(中川李枝子 さく 大村百合子 え 初版:1963年 福音館書店)
○英語の歌:♪Twinkle,  Twinkle,  Little  Star
○外国の絵本:「ねえ、どれがいい?」
(ジョン・バーニンガム さく まつかわまゆみ やく 日本初版:1983年 評論社)
○英語の歌:♪Close and Open Your  Hands
○英語の歌:♪Twinkle,  Twinkle,  Little  Star
 
おはなし会を楽しむ様子


日本語と英語の「ぐりとぐら」の読み聞かせ
 




 
次回のおはなし会のお知らせ♪
『夏のおはなし会』
 
平成28年8月25日(木)10:30~ 館山市図書館集会室
今年の特別プログラムは、紙芝居、ブラックシアター、影絵「モチモチの木」など。
夏休みの思い出に、ぜひご参加ください!
 
投稿・お問合せ
館山市図書館
 館山市北条1740
電話:0470-22-0701
E-mailtosyokan@city.tateyama.chiba.jp
 

 

 

2016年8月5日

【図書館で「ゆめ・仕事ぴったり体験」!】


7/29(金)、館野小学校6年生1名が職場体験をしました。

当日は、図書館の仕事の説明を受けたあと、館内を見学、予約をされた資料の確保、資料のフィルムコートかけ、貸出や返却業務を体験しました。


館内見学の様子



 
館山市図書館のような「公共図書館」という種類の図書館は、子どもも大人も高齢者も障がいを持つ方も全ての人が利用できる場所であるため、様々な資料が揃えてあること等も説明をしました。
 

 
 
 
※大活字本について、説明を受けているところです。大活字本は視力の弱い方でも本を読む楽しむ機会を得られるように出版された本です。1冊の本が、文字の大きさを拡大したため、3冊に分かれていることもあります。






また、本を長く利用してもらえるように、図書館の裏側で行われている本にフィルムコートをかける体験や、利用者に貸し出す準備として、ラベルを貼る等の仕事も行いました。

 
フィルムコートかけ体験の様子
 
 
<職場体験を終えて>
「どうして図書館に来てみたかったのですか?図書館のイメージが変わりましたか?」
全ての体験を終了したあと、図書館職員からも質問させてもらいました。
「もともと本が好きで、3年生のときに出会った本で、自分の世界観が変わりました。今まで、図書館は勉強するところだと思っていたけれど、絵本やたくさんの本があって、工夫していて来やすくなりました」と話をしてくれました。
 
最後に、図書館長から「今日は、2時間で図書館の体験をしてもらったと思いますが、これからも図書館をたくさん利用してください」という言葉を送りました。
 
 
夏休みに入り、地域学習として図書館のことを調べるために、たくさんの小学生が来館しています。
○図書館ではたらく人はどんなことをしているのかな?
○図書館の本の並び方は、本屋とは違うみたいだ。どういうルールがあるのかな?
○館山市図書館はいつできたのかな?どれくらいの本があるのだろう?
 
疑問に思ったことや困ったことがあったら、遠慮なく職員に声をかけてください!

2016年7月27日

九重小学校でブックトークを行いました!


/14(木)九重小学校でブックトーク・おはなし会を行いました。

本の紹介のほかに、ストーリーテリング(覚えたおはなしを本を見ないで語ること)といわれる絵本や紙芝居などを使わない物語もお届けしました。物語を聞いて、頭の中に自由にイメージをふくらませられる楽しさを味わっていただけたのではないかと思います。

それでは、低・中・高学年でそれぞれ紹介した本をご案内します。



●低学年(1~2年生)




 
●中学年(3~4年生)

「あな」をテーマにした本の紹介を行いました。

・穴のあいた食べ物は?  ドーナツ!

・穴をあける動物は?   きつつき!

・地面に穴があいている? 鍾乳洞

・洋服にあいている穴は?  ボタンの穴!

・絵本のよみきかせ    「あな」

 

「あな」だけでも、こんなにたくさんの本があるんですね♪
 みなさんも、ぜひ手に取ってみてください。







●高学年(5~6年生)

「へいわ」ってなに?「しあわせ」ってなに?というテーマで本を紹介しました。
一部をご紹介します。
 
・広島のことをアメリカのアーサー・ビナードが書いた本を紹介。

・「広島のお好み焼きは、平和の味がする」
広島でお好み焼きが広がったのは、太平洋戦争の原爆が関わっていることを知っていましたか?お米が十分でない戦後、お腹がいっぱいになるように、安くて、野菜・肉などを使った栄養バランスのよい食べ物として広まったそうです。
 
・「パンプキン」

食べ物?いいえ、食べるかぼちゃではありません。1945年、終戦の年。原爆投下の練習のため、模擬原爆として、オレンジ色に塗られたパンプキンという爆弾が日本各地に49発も落とされていた事実を知っていますか?

小学5年生の女の子が主人公のお話です。


 
 
 

 
 
夏休みに入りました。自由研究や読書感想文などの宿題をするために、図書館にあるたくさんの本を利用してみませんか。
  
本の探し方や調べ方がわからないときや読みたい本が見つからないときは、図書館職員がお手伝いします。
 
気軽に声をかけてください!
 
 
【お問合せ】
館山市図書館
 館山市北条1740
電話:0470-22-0701
E-mailtosyokan@city.tateyama.chiba.jp
 

 


2016年7月25日

新たに2人!たてやま子ども博士に認定されました!!

7月20日(水)、館山市役所教育長室にて「たてやまこども博士認定式」がとり行われました。

今回の認定式で、市内小学生の2名が、新たに「たてやまこども博士」に認定されました。


「たてやまこども博士」とは・・

「放課後子ども教室」や、その他の市のイベントなど、「たてやま子ども市民大学」の対象となった行事に参加すると「はっけん伝カード」にスタンプを押してもらえます。

このスタンプが全て(50個)貯まると、「たてやまこども博士」に認定されます!

「はっけん伝カード」は、市内小学1年生~6年生を対象に配布しています。

館山市の広報「だん暖たてやま」にも子ども市民大学がの対象となるプログラムが掲載されていますので、是非チェックしてみてください♪


その認定式の様子を少しだけ紹介します!

出山教育長から、「認定証」と「記念メダル」が授与されました。

 

 
 
 
 
 
 
50個全て貯めたということは・・・、50回行事に参加したということになります。

すごいことですね!!!!


50個スタンプを貯める中で思い出に残っていることを話してもらいました。

「思い出に残っているのは、読み聞かせ(図書館のおはなし会や放課後子ども教室)や、ワクワクウキウキ教室です。スタンプを半分以上ためたはっけんでんカードをなくしてしまい、また最初からスタンプをためて、今度は全部ためることができてよかったです。」

「印象に残っているのは、放課後子ども教室の竹とんぼやソフトバレーです。4年生からスタンプを貯めました。」

と、話してくれました。


 最後は、教育長から・・・
 
「おめでとうございます。一つずつ積み重ねていくと、大きな力になります。これは、勉強でもスポーツでも一緒です。小さい努力を積み重ねていくことが大切です。小さな努力を大事にしてください。子ども市民大学は、学校では体験できないことも体験できます。色々な施設で体験できます。これからも積極的に参加してください。」

と、お祝いの言葉をおくりました。




お二人とも、本当におめでとうございます(*^^*)


みなさん、これからも、たてやま子ども市民大学のプログラムに参加して、たくさん遊んで、たくさん学んで、たくさん体験してくださいね♪♪♪